2008年3月16日 (日)

教育費

大学受かった~、ルンルン♪

なんて、一瞬の喜びでしかありません・・・(^^;

続きを読む "教育費"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

受験

やった~

続きを読む "受験"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

旅立ちの時

昨日は、長男君の卒業式でした。熊本では、ほとんどの高校が3月1日に卒業式なんです。

続きを読む "旅立ちの時"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

受験

「あんなに簡単でいいのかなと思って」

続きを読む "受験"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

そうそう!

今日、お兄ちゃんの受験の本番なんです!
がんばれーーーー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

教育費

今月だけで、12万ですよ!

信じられますか?

続きを読む "教育費"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

HAPPY BIRTHDAY

今日は、末っ子の誕生日でした。

ほら、あの全然勉強をしない、朝からいつも超機嫌が悪くて、私がびくびくしている(笑)あの、末っ子ですよ。(聞くと、ただ「朝だから」機嫌が悪いだけらしいんですけど、我が家にはそういうことで感情を表に出して、周りを不快にする人が他にいないので(^^; さすが末っ子・・・みたいな?)

末っ子だから、親は甘いですね。ほっほっほ。よく「男の子って可愛いでしょう?」と言われますが、「可愛い」と思ったことは幼稚園時代までだったね。乱暴者だし、勉強しないし、他の3人と全然違うので、戸惑うことも一杯ありました。4人も育てて何これ・・・?と自信喪失しそうです(笑)。

ただ、甘い親が考えるには、末っ子が勉強しないのは、そういう時期に(小学校低学年の頃)きちんと宿題をするような習慣付けを親がしてこなかったせいだとか、提出物とかにルーズなのは、親としてもちょっとだらけてきて、神経質に提出期限を考えなくなったからとか、そんな末っ子が育つ背景があるから・・・なんて、理由付けをしてみたりね(^^;

でも、他人のことを考えられる(朝は別なようだが。笑)彼は、本当に優しくて、肝心なところで親を思いやってくれるすごくいい子に育ちました。猫にも優しくしてくれるしね。(動物が家の中にいると癒されるのは、思春期の男の子でもそうなんだな・・・と改めて思いました。)彼がいるから、「誰にでも必ずいいところがある」って自然に考えられるんだと、私は思うんですよ。・・・なんて、ひどい親だ。でも親としても成長させてもらったと思うもん。

今、漸く芽が出て、それを葉にしろ花にしろ、ゆっくり開こうと頑張っている彼を、ただただ応援するのみです。彼がいてくれて、私はとても幸せです。産んでよかったよ。

最近年末で忙しくて、6人家族なのに午後10時まで2人だけ・・・!とか、よくあったんですけど、今日だけはみんな早く帰ってきてくれて、お誕生日のケーキを一緒に食べました。歌は歌わせてもらえなかったけど。あと何回、こんな誕生日が過ごせるのかな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

受験

進学校の先生は、いつから塾の先生みたいになったんだろう・・・。1時間も熱く語られて、うたばんに間に合わないかと思った・・・(笑)・・・・息子の一大事になんてことを!

今日三者面談だったんですけど、大学受験なんてセンター次第だから、まだ方向性を決める感じで。本人は全く無理をしないで(熱くならない、努力をしない、そこそこでOK!みたいな)、ここまで来たので、今更先生に「がんばれば、こんなところにも行けるんだぞ!」「すごい力があるのに、出し切らないのはもったいないぞ」って、言われて動き出すんだろうか・・・って言うか、入れる大学があるんだから、無理してもっといいとこ狙わなくてもいいんじゃ?遠いし。その大学も、この大学も、あの大学も遠いっすよ(笑)。

と思った面談でした。どうするのかな~。我が家のマイペース長男坊。

「うたばん」の弾丸ファイー(笑) カメラ割が1番良かった気がします。見たいところがきちんと押さえてあったよね。かっこよかった、パチパチパチ。

慎吾くんのアクオスのCMが好きで。かっこいいっす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

母親

あまりにも、ラルクラルクで申し訳ないので、少し違う話を。

女優さんの息子さんが、覚せい剤を所持していて、逮捕されたそうですね。繰り返していて、結局いい年をしているのにもかかわらず、更生できない。
私にも子どもがいるし、もちろん子育てには試行錯誤の毎日です。

続きを読む "母親"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

誕生日

今日は、末っ子の誕生日でした。

あの、受験生で、思春期真っ只中のどうしていいかわからない(笑)末っ子君です。

15年前の今日、彼は帝王切開で生まれました。私にとっては、4回目の手術でした。普通に産めないんです・・・。妊娠中はなんともないんですけど。全然、陣痛が来なくて、子宮口も開かなくて、そういう体質のようです。手術してもらえるから、産める様なものです。ありがたいです。でも、「帝王切開4回」っていうとさすがに、周りは心配して止める人が多かった・・・。でも、せっかく授かった命だからね。産みたかったんです。自分の体に何度メスが入ろうが、後々健康に不安が出ようが、全然構いませんでした。産みたかったんです。そして、先生を信頼していたので、私は全然心配していませんでした。

そして、彼が生まれて、15年・・・。怒ったことも、泣いたことも、た~くさんありました。でも、彼が今ここに存在することの喜びを私はいつも感じています。彼が私の子どもとして生まれてくれて良かった、と思っています。勉強しないけどね・・・(笑)きっと、そんなことじゃないんだな。・・・と、思っちゃうから勉強しないんだな・・・(^^;末っ子という存在に、親としてどうしても甘くなってしまうと実感しています。でも、ただ「甘い」わけじゃなくて、ね。「これくらい大丈夫なんだよね」ということを知ってしまったんですよね、親として。それが、上の子には無かったんですけど、末っ子にはよく適用される・・・。そういうことなんですね、なんてことない、末っ子に甘いんじゃなくて、自分に甘いんだな。

彼は、これからどんどん大人への階段を登って行かなければいけません。愛する人を大切に、他人を大切に、そして自分を大切にする人になって欲しいと思います。

今日は、ケーキにロウソクを立てて、「ハッピ バースデー ・・・」と家族で歌ってあげました。彼も恥ずかしそうでしたけど、ロウソクの火を消していました。お誕生日を家族でこうして祝える幸せを、彼のエネルギーにして欲しいと思っています。

「僕の歩く道」良かったですね。何が泣けたってSMAPの「ありがとう」で泣いていたのは、私です。えへへ。

実は、幼稚園に半分通っているような子が「自閉症」と診断されて、お母様がショックを受けて幼稚園に出て来られなくなってしまいました。自分の子が障害を持っているということを受け入れるのは、容易い事ではありません。ドラマでも取り上げられていましたよね。親としてきちんと事実を受け止めて、受け入れる、それは親に与えられた神様からの宿題です。宿題をきちんと済ませて先に進まないと、何も始まらないんですよね。顔を上げたら、必ず手を貸してくれる人がいるはずだから、絶対ひとりではないから、「親」という使命を果たして欲しいと思います。

たいへんだよね。子どもを育てるって・・・。でも、いつも言ってるけどさ。「人ひとり育てるんだから、大変で当たり前」なんですよね。嬉しいことも楽しいことも幸せなこともたくさんあるから、大変だけど、がんばらなくちゃね。

Kくん、15歳のお誕生日おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧